カテゴリー
よくある質問

健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?

床材では、天然無垢材のフローリング。また、低ホルムアルデヒドという F★☆☆☆レベルの合板があります。

畳では、備長炭入りのものもあります。壁材では、しっくい、珪藻土などがあり、断熱性や調湿性に優れています。

壁紙ではEマーク、RALマーク、ISMマークなど安全規定を満たした壁紙につけられるマークがあり、このマークのついたものはホルムアルデヒドなどの化学物質が低レベルに規制されています。

ただ、大切なことは建材そのものだけではなく、使用されるボンドなどの材料も気を配っていないと、トータル的には不十分です。

この点に気をつけたい方は、しっかりとその意思を施工会社に伝えてください。どの材料も、見た目は同じでも、似て非なるものばかりです。気をつけたい点について、誠意ある回答がある会社は安心できると思います。

カテゴリー
よくある質問

『壁紙』と『クロス』は同じ物なのでしょうか?

はい。同じものです。正式には「壁紙」が正しいです。「クロス」という言い方は、職人さん独特の形容詞になりますので。いずれにしても「同じ」ものです。

カテゴリー
よくある質問

要望やイメージをうまく伝える自信がないのですが・・・

言葉にしにくいイメージは、雑誌の切り抜きや、お好みのインテリアや小物などの視覚的に見える材料を見せていただくとプランニングしやすくなります。また、リフォーム後も使いたい家具、購入したい機器などの情報は、インテリアイメージの鍵にもなりますし、設計上欠かせない内容です。

「大きなTVを購入するので部屋を広くしたい」といった、リフォーム後のイメージや、「この部屋が暗くて…」といった現在の普段の暮らしでのちょっとした不満なども設計や提案のヒントになります。

うまく1回ですべて伝えなくてはと力まないで、メール電話など、プランニング段階では特に遠慮せずお伝えください。

カテゴリー
よくある質問

工事中の時間帯は?

工事の進み具合や工事部分の関係で変動する場合もありますが、基本的に工事時間は朝8時30分から夕方5時です。
特にご希望などがある場合はお気軽にご相談下さい。

カテゴリー
よくある質問

現状の「図面」は必要ですか?

あらかじめ現況の図面をご用意いただいた方が、設計作業が効率的に進められます。

ですが、築年数の経っている住宅や中古物件は新築時の図面や資料がないことや、実際の寸法と異なっていることも少なくありません。
その場合はお時間をいただき、こちらで実測して作成します。
マンション等の共同住宅の場合は図面のほかに、管理組合の規約等もご用意くださいませ。

カテゴリー
よくある質問

リフォームってどんな手順で進められるんですか?

簡単に流れをご紹介しますと、ご相談からはじまり→現地調査・プランニング→お見積り→ご契約→詳細お打ち合わせ→リフォーム工事→お引渡し→そしてアフターメンテナンスサービスとなります。
ご相談の段階で、ご要望をどんなことでも担当者にお伝え下さい。
その際、図面や理想のイメージの雑誌の切り抜きなどがあると、具体的なお打ち合せが可能です。
現地調査で構造上の安全性や法令上の条件もしっかりチェックし、お客様のご要望に合わせたリフォームプランをご提案させていただきます。プランにご納得いただいた上で、ご契約となります。

カテゴリー
よくある質問

現地調査ではどんなことをするのですか?

ご要望をうかがいながら、お住まいの構造や設備、寸法を確認します。
リフォームでは数センチの差が計画に影響するため、図面があったとしても、実測させていただくことが多くあります。
リフォーム内容によっては、お部屋のインテリアのお好み、お手持ちの物の量などもお差支えのない範囲で拝見させていただきます。

カテゴリー
よくある質問

リフォームにも法律は関係してきますか?

増築や、床面積が増える場合など、建築基準法に基づいた設計をする必要があります。
役所の建築課で調べることもできますし、お気軽にご相談ください。

カテゴリー
よくある質問

具体的なリフォーム内容が決まらないのですが、対応してもらえますか?

現状の不便なところ・不満な点・理想の暮らし、ご予算等をお伺いした上で、より良いリフォームプランをご提案させていただきます。

カテゴリー
よくある質問

こまごまとした気になる所があるのですが、小さな工事でも頼めますか?

お住まいの不便・不満を解消するための修理や、クロスの貼り替えや設備機器の交換、大規模な間取り変更などのフルリフォームまで、どのような工事も承ります。